宝石展と上野散歩

国立科学博物館で開催されている宝石展へ。見応えがあったのが原石。2メートルほどあるアメジストドームが迫力満点だった。ダイヤモンドはマグマが固まる過程で結晶化した鉱物だと初めて知った。美しいものは厳しい環境から生まれるのだなと思った(長女曰くマイクラではダイヤモンド原石はマグマの近くで見つかることが多いらしい。こういう細かいところにもリアリティがあって興味深い)。 パイライトは子どもたちが好きな宝石探しでもよく手に入る宝石だけれど、原石が立方体と知って驚いた。宝石の原石は人間には到底作れない色や形をしていて、感動した。
フォートナイト実況者のネフライトさんの名前の由来となった宝石ネフライト。あまり見かけない鉱石なので見ることができて嬉しい。
エメラルドの原石は、マイクラそのものでびっくり。
帰宅してから子どもたちはマイクラで今日の宝石展を作った。長女はラピスラズリの展示をリアルに表現していた。
次女が作った宝石展に爆笑。宝石の前に人がいっぱい。宝石展、まさにこんな状態だった。ひとつの宝石を見るのに並んで、半ば強引に前に進まないと鑑賞することができない。それだけ宝石は人の心を惹きつけるのだろう。
国立科学博物館では、宝石展の他にポケモン化石博物館という特別展が開催されていた。博物館前に大勢のポケモントレーナーがいた。ポケモンGOを開いたらWifiが機能しないほどだった。何とかレイドバトルに参加して、グラードンをゲットした。
今日は天気も温度も湿度も最高の散歩日和だった。上野公園を少し散歩した。紫陽花が咲きはじめていた。花園稲荷神社のたくさんの鳥居が趣深かった。
早めの夕食に訪れたイタリアンがよかった。開放的なテラス。カラスミのタリアテッレがおいしかった。子どもたちがのびのびと遊んで、親はゆっくりお酒を飲んでいる団体がいた。初夏のわくわくする感じ。2年間失われていた時間。
久しぶりに上野でゆっくり過ごし、充実した1日だった。