浦和レッズvs鹿島アントラーズ

久しぶりの浦和レッズ観戦。まだ歌は歌えない(太鼓に合わせて「パパーンパンパン」の拍手で「うらーわレッズ」になっていた)けど、高揚感、一体感は相変わらずでワクワク。前半開始すぐにに先制点を決められるも、PKで同点に。後半は結果的に勝ち越せなかったけれど、45分目が離せない展開だった。チャンスもたくさんあった。スーパーセーブもあった。鹿島もさすがのプレイだった。
子どもたちは「サッカー見たくない」と渋っていたけど(退屈になった時用にSwitchまで持参)、特に長女は楽しかったらしく、かぶりつきで観ていた。そしてまた観たいと言った。もちろんSwitchはバッグの中に入ったままだった。得点シーンも生で観られて、スタジアムが湧くのも経験させられてよかった。現在13位で苦戦中のレッズ。またスタジアムで応援したい。