個性とアート

長女が工作クラブで作ってきた作品。これはぜひ部屋に飾りたいと思った。子どもたちの個性を最大限に引き出しながら「アート」にする、工作クラブの先生の手腕に唸る。