仔猫を保護しました

先日、訳あって仔猫を保護しました。目鼻喉に炎症があるため、かかりつけの獣医さんのところで投薬、経過観察中です。
我が家には15歳のいるかがいます。高齢のため、2匹目を迎えることは全く考えていなかったのですが、いるかも15年前、仔猫で弱っているところを保護したので、その時のことと重ねてしまって、放っておくことができませんでした。まずは早く元気になることを願って、お世話しています。
いるかとは接触させられないので、部屋を分け、ケージを用意。子どもたちは初めて触れ合う仔猫に大喜び。おもちゃにじゃれつくのが楽しいようです。仔猫は男の子。子どもたちが「しゃち」と名づけました。「いるか」と「しゃち」。今は小さいけれど、大海原を泳ぐシャチのように元気に成長して欲しいです。

保護猫日記を「猫のカラダにやさしくおいしい健康おやつ neco-ri」の公式インスタで更新中です→