たいようのまんげきょう

次女が工作クラブで万華鏡を作ってきた。後ろにカラーセロハンの帯が貼ってあって、光にかざすといろいろな色が現れる。左が次女のもの、右が2年前、次女と同じ年の時に作ったもの。次女は寒色、長女は暖色の色が強く出ている。色の重なりがほんの少し異なるだけでずいぶん違った色合いに見える。太陽にかざす角度を変えても違う表情になり、おもしろい。