うなぎを食べる その2

“うなぎというのは不思議な雰囲気をもった食べもので、「うなぎ屋に入り、うなぎを注文して食べる」という一連の手順を踏むだけで、そこで何かひとつの思いが完結したという、一種儀式的な感覚がある。そういうどことなくいわく言いがたいところも心地いい。”―村上春樹「村上ラジオ」
そんな心地よさを味わえるうなぎ屋が閉店して久しかったが、ついに出会った。この心地よさ、やはり良い。