鬼滅工作玖ノ型 終わりが来るからこそ愉しみたい

冨岡義勇推しの想いが止まらない。義勇の好物、鮭大根を作る。鰤大根が好きだし、鮭は郷土に縁のある食べ物だし、おいしくないわけがない。ヘビロテな献立になる予感。
子ども部屋に鬼滅コーナーを作ってしまった。義勇推しだけど、どのキャラクターも愛おしい。子どもたちのマスクやハンカチも私のヘアゴムも鬼滅。小学生も幼稚園児も毎日鬼滅ごっこ、ママ友と鬼滅トーク、毎日どっぷり鬼滅漬け。アニメにハマり、グッズを集めるのは二十数年前のエヴァンゲリオン以来。そのうち飽きるとは分かっているけれど、今回は何だかブレーキが効かない。刹那的な愉しみ方をしなくなって久しい。これくらいはいいだろう。終わりが来るからこそ、目一杯愉しみたい。