うんどう会 えがおのはなをさかせよう

先週、うんどう会の予行練習にスタッフとして参加。一緒になってうんどう会を楽しんだ。我が子だけでなく、園児みんながキラキラ楽しんでいるのが嬉しかった。そして毎年恒例の年長さんのフラッグとボンボンの演技に涙した。
週末は台風が来るという予報だった。金曜日にお迎えに言ったら、窓にてるてる坊主がたくさんぶらさがっていた。「晴れますように」という子どもたちの小さな願い。みんながひとつになってうんどう会ができることを願っている。そのことに胸が熱くなった。
しかし当日は台風が来た。1日中冷たい雨が降り続けた。延期になった今日の天気予報も、雨になったり曇りになったり不安定だった。不安なまま週末を過ごした。

朝起きたら雨が降っていた。不安なまま始まった運動会だったが、開会式が終わったあたりで太陽が射してきた。暖かくなり、最高の運動会日和になった。次女は頑張ってかけっこをして僅差で2位だった。玉入れを楽しみ、花のかんむりをかぶってサンバを踊った。本番でも年長さんの演技に涙。次女たちは憧れの眼差しで見ていた。来年はいよいよ年長だ。
コロナ禍ではじまった今年、やっとできた幼稚園の行事。「えがおのはなをさかせよう」という今年のテーマ通り、たくさんの笑顔の花が溢れた運動会だった。