その時が来るまでは

長女と久しぶりに2人で遊びに出かけた。赤ちゃんの頃から何度も訪れている公園。コスモスやブールサルビアの花畑を見て、縄跳びをして、かけっこをして、ミニSLに乗って、ローラー滑り台をして。
お昼はピクニック。タピオカミルクティーをシェアしてちょっと大人っぽい?時間。
今日は代休だった。運動会はない。今日が運動会だったら最高の日和だっただろうというくらいの秋の晴天だった。近隣では運動会を実施する小学校が多い中、長女の学校はない。代わりの楽しさを模索するけれど、行事が大好きな長女は、やはり残念そうだ。

そんな時は「ココロノナカ」を心の中で歌ってみる。
“あの日が来るまでは その時が来るまでは
  楽しみを何百個と 書き留めておくとしよう”