2020-06-10

虹の橋

6月6日、「あめざあざあふってきて」の日、かたつむりが旅立った。
朝、元気にニンジンを食べていたかたつむり。帰ってきたら、動かなくなっていた。去年の梅雨に友だちにもらって、冬を越えて、大好きなはずの梅雨が訪れる直前だった。突然のさよならだった。
今日、かたつむりを土に還した。体は土に還っても、かたつむりは虹の橋を渡って天国に行くのだ。先週、礼拝が再開された教会で、子どもたちは虹の絵を描いた。絵の具で思い思いに描いた虹。かたつむりはゆっくり進むから、まだ虹の橋を渡っているかもしれないね、と子どもたちと話した。
毎晩のお祈り、かたつむりのことも、変わらず祈ることにした。これからも守られますように。