2020-03-05

卒園お楽しみ会

時間短縮ながら、長女の卒園お楽しみ会が無事終わった。保護者の出し物係の副リーダーとして、歌と演奏のまとめ役、合唱の指揮者を担当した。出し物は「おおきなかぶ」のかぶから生まれた「かぶたろう」が、犬猫ネズミと共に鬼退治に行き、鬼ヶ島で鬼たちとダンスバトルをして最後は「みんなともだち」になる、という創作劇だった。子どもたち、先生たちの笑いに包まれた楽しい劇になり、大成功だった。
最後はパプリカを輪になって歌った。夢のようなひとときだった。卒園がこんなにさみしいのは、我が子の卒園がさみしいだけじゃない。子どもたちと先生とお母さんたちと過ごしたこの空間を私は大好きだったのだと思った。
あとは卒園式のみ。開催されることを祈るばかり。