2020-01-12

横浜小旅行

横浜は日帰りでも行けるけど、もっといろいろなところに行きたくて一泊二日の小旅行に。最初は山手の喫茶エレーナ。お店の車の中に猫がいて、マスターの帰りを待っていた。店内には猫モチーフの置物が並び、横浜山手芸術祭のフライヤーにも猫。山手と猫は相性が良さそうだ。

長女はまた(!)パパと赤レンガ倉庫のスケートリンクへ。私は次女とアンパンマンこどもミュージアムへ。昨年リニューアルして全く違う場所になっていた。ワークショップでアンパンマンのお面を作った。最近急に絵が成長した次女、しっかり鼻とほっぺを貼って、目と口を描いた。鼻の穴を描いたのはご愛嬌。

アンパンマンに「ぎゅーっ」とされた次女。ショーや歌のステージも、キャラクターたちとより距離が近くなった。
アンパンマンミュージアムは3回目だった。最初は長女が1歳のとき、次は長女3歳・次女1歳のとき、そして今回は次女が3歳。アンパンマンに大喜びをする小さな子どもたち眺めながら、我が子たちはアンパンマンが大好きという歳を経て、未来へ向かっていると感じた。淋しいような嬉しいような気持ちになった。アンパンマン、ありがとう。

昔から気になっていたホテルニューグランドへ。夕食はホテル内のレストラン「ザ・カフェ」。食事の後、子どもたちが紙のランチョンマットを帽子にしてかぶって遊んでいたら、ウェイターさんが素敵な帽子と褒めてくれたり、お客さんが笑いかけてくれたり、あたたかい場所だった。
ホテルニューグランドは1927年創業。本館は当時の建築が残されている。パリのような中庭が楽しい。

2日目は八景島シーパラダイスまで足を延ばした。到着してまずイルカショー。水槽の中を上っていくエスカレーターに感動したり、カワウソのエサやりに遭遇できたりした。ここ数年でいろいろな水族館に行っているけど、それぞれの水族館に新しい楽しさがある。

素敵だった夜のイルカショー「LIGHTIA」。ダイナミックな映像と音、そしてイルカと人の物語に魅了された。