2019-10-13

台風19号

激甚災害となった台風19号。できる限りの対策をして迎えたが、震災以来の恐怖だった。そして震災の時と違うのは、守らなければいけないものがあること。子どもたちを守れるのは私たちしかいないということ。避難すべきか、留まるべきか。ハザードマップを何度も確認し、留まることを選んた。結果、大事には至らなかったが、家での備えだけでなく、避難する際の情報収集や準備をしっかりしなければいけないと思った。

台風が過ぎた朝、近所の遊水地が水でいっぱいになっていた。普段は草原が広がり、グラウンドがあり、子どもたちとピクニックをしたり、虫捕りをしたりする場所。それが全て水に沈み、湖になり、私たちを守ってくれた。それは非日常的な光景だった。
ダムや池や、人の手によって作られたさまざまなものによって私たちは生かされている。温暖化など、自然のバランスを崩しているのも人間。矛盾があるかもしれないが、日々の生活は「守られて」いるのだということを改めて感じた。

お亡くなりになられた方々に謹んでお悔やみを申し上げます。
また、被害を受けられた方々、復旧作業に従事されている方々のご安全を心よりお祈り申し上げます。