2019-06-29

夏祭り

幼稚園の夏祭り。今年は梅雨真っ盛り。長女は園児として最後、次女は最初の夏祭り。母も来てくれた。
夏祭りはパパさんががんばる日、今年は主人がリーダー。当日に身につけるアフロと蝶ネクタイを、子どもたちとデコレーション。なつまつりが「なしまつり」になっているけど。

年長は毎年お神輿を担ぐ。長女がお神輿の上のユニコーンにアイディアを出したらしい。奇跡的に少し雨が落ち着き、外でお神輿を担ぐことができた。次女もお友だちと一緒に盆踊りの輪の中に入れたし(緊張して踊ることはできなかった)、本当に楽しい夏祭りだった。パパさんたち、お疲れさまでした。

2019-06-27

ハーブで作る虫よけスプレー作りWS

浦和PARCOで開催のワークショップ「ハーブで作る虫よけスプレー作り」に参加してきました。講師は、nicoせっけんを置いていただいている茉華 浦和PARCO店の藤原美紀子さん。レモングラスのチンキ、ミントから抽出したハッカ水、月桃から作られた化粧水を混ぜて虫除けスプレーを作りました。どれも虫が苦手な植物なのだそうです。植物療法士でもある藤原さんのお話が興味深くたくさんメモを取ってしまいました。
nicoせっけんもウチワサボテンをはじめ、植物の恩恵で作られています。人に良い作用をもたらしてくれる植物のことをもっと知りたくなりました。

完成したスプレー。梅雨の雨明けは蚊がたくさん。虫よけスプレー、さっそく重宝しています。

2019-06-26

ベビー&キッズEXPO/DESIGN TOKYO

東京ビックサイトで開催の国際見本市へ。たくさん分野がある中、ベビー&キッズEXPODESIGN TOKYOを見てまわった。ベビー&キッズEXPOのトイ・マルシェが目を引いた。販売コンセプトや什器、デザイン全てが参考になりそう。

2019-06-24

「monthlyにこ肌だより」7月号ができました

「nicoせっけん」「nicoオイル」ご購入の方にお届けしている「monthlyにこ肌だより」の7月号ができました。今号は「体験談スペシャル」です。きれいな肌で七五三の写真を撮ることができました、というお声とともに、素敵な七五三の写真を送ってくださったお客さまがいらっしゃいました。他にも体験談をたくさんご紹介しています。

* * *
「nico」はアトピーや敏感肌など、肌に心配ごとのある子どもたちとそのご家族のためのスキンケアブランドです。
商品のご紹介はこちらをご覧ください。
ご注文はこちらから承っております。

2019-06-23

ルパパト聖地巡礼 お台場編/月と手袋

「ルパパト聖地巡礼」その2は、お台場のヴィーナスフォートの噴水広場。ルパンイエローの親友しほちんが氷漬けにされてしまった衝撃の舞台。子どもたちも喜んでいたけど、一番興奮していたのは私。
ルパパト聖地巡礼その1→

その後、初台の画廊珈琲Zaroffへユニット展「月と手袋」を観に行った。架空の非日常的なスナック。朗読家・チェリー木下さんの「ニセラジオ」の調子がクセになる。

2019-06-15

古賀学展「cube」

CLEAR GALLERY TOKYOで開催の古賀学さんの展示「cube」へ。大雨をくぐり抜けてギャラリーに到着。そのまま水中にいるような不思議な感覚に。モニターのキューブの中に女の子が静かに収まっていくのが素敵だった。久しぶりにお世話になっている人に会えたり、古賀さんの奥様の温かさに触れたり、良い時間だった。

「水中ニーソ」の冊子を購入。長い道のりを経てここに辿り着いたであろう、独特の世界。

2019-06-14

残酷な天使のテーゼ



幼稚園のママたちに声をかけ、アカペラグループを結成。11月にライブも決まった。ゼロからステージを作っていく楽しさ、ハモりがきまったときの快感、久しぶり。
編曲欲も湧いている。きっかけになったのが「Love Harmony's Inc.」の「残酷な天使のテーゼ」。アニソンのアカペラとしては抜群に格好良い。子どもたちも気に入って、最近ずっと聴いている。エヴァにハマってから20年以上経ち、世代をこえて聴くことになるとは夢にも思わなかった。

2019-06-04

nicoのキャラクター「にこちゃん」の人形を作っていただきました

nicoのキャラクター「にこちゃん」の人形を、MLcraftさんに作っていただきました。羊毛フェルトと編みぐるみの2種類です。自分が描いたキャラクターが立体になっているのが不思議な気分。これからSNSや「にこ肌だより」に登場させていきたいと思っています。

2019-06-03

年長と年少 その2

週末は長女が来年入学する小学校の公開授業に行ってきた。小学校は未知の世界だと思っていたけど、公開授業を見ていたら、長女が来年ここで授業を受けている姿がイメージできて、自分でも驚いた。年長になり、長女は小学生の姿が想像できるくらい大きくなっていた。仲良しの1年生のお姉ちゃんや、近所のお姉ちゃんたちの授業も見た。みんな楽しそうに過ごしていた。長女が小学校に入学するのが楽しみになってきた。

幼稚園の参観日もあった。私は次女の年少クラスを参観。レクリエーションでペアを作るとき、次女はもじもじしていたけど、友だちが手を差し伸べてくれて、はにかんだ笑顔でその手を取って踊っていた。次女は長女よりおっとりしていて、幼稚園ではまだあまり感情を出せていないみたいだけど、友だちと楽しく過ごしている姿が垣間見れて嬉しかった。
参観日の次の日は、長女の友だちの家で「女子会」。友だちの妹は次女のクラスメイトなので、みんなで一緒に遊んだり、姉チームと妹チームに分かれて遊んだりしていた。

写真のヒト型は、長女が工作クラブで作ってきたもの。紙に絵の具を塗って寝そべって型を取ったらしい。子どもたちを自由に楽しませながらアート作品に仕上げる先生はすごい。

2019-06-01

埼玉県人は海に憧れる

埼玉県人の海に対する憧れの強さを翔んで埼玉ではdisられていたけど、大宮に、それを具現化したような(!?)カフェがあった。オープンカフェの横に小さなプールが設えてあり、ボートまで浮かべてある。ビルに囲まれていて、海辺の気分にはほど遠い…と思ったけど、しばらく滞在していると、不思議とリゾート地にいるような気分になってくる。水辺での食事は、気持ちがいい。お店の方も気さくで、ランチもボリュームがあって、楽しいカフェだった。

ランチの後は公園を散歩。菖蒲が鮮やかに咲いていた。子どもたちと季節の花を観賞するのが楽しい。