2019-01-13

蝋梅

子どもたちと一緒に少し遠くまでサイクリング。きれいなお地蔵様を見つけたり、橋の上にユリカモメが止まっていたり、小さな発見が楽しい道中。

サイクリングの目的は、蝋梅。小さな黄色い花がかわいらしく、甘い香りがした。

2019-01-08

新学期

幼稚園の制服を着たおしりたんてい。

2019-01-06

おふろ巡り

冬休み後半は、お風呂巡り。一湯目は元旦、近所のスーパー銭湯。次女と一緒に、寝そべりながら入れるお風呂でゆったり。
二湯目はお台場の大江戸温泉物語。「江戸のお祭り」をテーマにした非日常な空間。浴衣に着替えて入場し、温泉に入った後は、縁日でヨーヨー釣りと宝石のつかみ取りをして、駄菓子屋で「ポリバルーン」を買って、娘たちは夢中で吹いた。1日中温泉テーマパークを楽しんだ。

三湯目はおふろcafe。とにかくオシャレで若者がいっぱい。マリメッコの壁紙がフォトジェニック。

2019-01-05

大泉ノスタルジック

祖母に会いに行った。私を見て微笑み、名前を呼んでくれたような気がしたが、その後はずっと叔母の名前を呼んでいた。ひ孫の名前はすぐに忘れてしまうけど、存在は憶えてくれているみたいだ。
長女が折り紙で花を折った。トゲトゲした花だったので、ふと祖母の家の畑にダリアがたくさん咲いていたことを思い出した。遠い夏の思い出だ。

祖母と別れた後、近くの公園に行った。のんびりとした気持ちのよい公園だった。昨日お友だちと一緒に作った凧で凧揚げをした。

叔母に教えてもらった東映アニメーションミュージアムは、今我が家でアツい「プリキュア」と「おしりたんてい」推しで、思わず興奮。歴代プリキュア55人の等身大パネルが圧巻だった。おしりたんていの必殺技(オ〇ラ)のけむりのパネルに入って写真撮影もした。
夕食は近くのショッピングセンターのレストラン街で。ノスタルジックな雰囲気だった。昔ながらのラーメン屋であんみつとセットを注文した。古いお店であんみつを食べるのも、遠い記憶につながる。幼い頃に連れて行ってもらった甘味屋を思い出すが、本当の記憶なのか、夢なのか。

2019-01-02

Lemon

子どもたちとビニール袋で凧を作った。思いのほかうまく風に乗り高く上がり、子どもたちは喜んで公園を走り回っていた。


元旦の朝は、父が送ってくれたお餅でお雑煮を作って食べた。
子どもたちは、父に買ってもらった手袋をはめて出かけた。
当たり前だった父がまだ、そばにある。

大晦日、久しぶりに紅白歌合戦を最初から最後まで観た。素晴らしかった。平成が終わることを実感した。元号が変わるだけじゃない、ひとつの時代が終わるのだと思った。物心がついたときに昭和から平成になり、ずっと当たり前に過ごしていた時代。
米津玄師の「Lemon」を初めて聴いた。徳島の美術館で歌うステージは素晴らしいものだった。そしてその歌は私の心を刺した。目を逸らし歩こうとする私の足をぐいぐいと引っ張った。

[夢ならばどれほどよかったでしょう]

今は悔しさを噛みしめることしかできない。