2019-10-13

台風19号

激甚災害となった台風19号。できる限りの対策をして迎えたが、震災以来の恐怖だった。そして震災の時と違うのは、守らなければいけないものがあること。子どもたちを守れるのは私たちしかいないということ。避難すべきか、留まるべきか。ハザードマップを何度も確認し、留まることを選んた。結果、大事には至らなかったが、家での備えだけでなく、避難する際の情報収集や準備をしっかりしなければいけないと思った。

台風が過ぎた朝、近所の遊水地が水でいっぱいになっていた。普段は草原が広がり、グラウンドがあり、子どもたちとピクニックをしたり、虫捕りをしたりする場所。それが全て水に沈み、湖になり、私たちを守ってくれた。それは非日常的な光景だった。
ダムや池や、人の手によって作られたさまざまなものによって私たちは生かされている。温暖化など、自然のバランスを崩しているのも人間。矛盾があるかもしれないが、日々の生活は「守られて」いるのだということを改めて感じた。

お亡くなりになられた方々に謹んでお悔やみを申し上げます。
また、被害を受けられた方々、復旧作業に従事されている方々のご安全を心よりお祈り申し上げます。

2019-10-05

勇気100%

次女、初めての運動会。友だちと一緒に笑顔で踊り、元気よく返事をしてかけっこをした。親子で踊る母子遊戯も楽しんだ。人見知りだった次女はそこにはもういなかった。

長女、幼稚園最後の運動会。長女はなんと開会宣言を担当。体育の発表、自分たちで作るダンス、リレーと見せ場がいっぱいの年長。
運動会でボンボンを持って踊るのが年長の女子の恒例で、小さいクラスの女の子の憧れ。今年の曲は「勇気100%」だった。「そうさ100%勇気もうやりきるしかないさ 僕たちが持てる輝き永遠に忘れないでね」―まさに歌詞の通り、みんな元気いっぱいにボンボンを振り、輝いていた。その堂々とした年長の姿に涙が止まらなかった。

自分の子どもだけでなく、園児みんなを応援したくなる運動会。今年も最高だった。

2019-10-01

あたたかな夕暮れ

遠くに引っ越してしまったお友だちが幼稚園に遊びに来てくれて、放課後みんなで園庭で遊んだ。兄は長女のクラス、妹は次女のクラスだった。それぞれにお手紙を書いて渡した。とにかく走って走って、遊んだ。園庭にある山ぶどうをビニールに入れてジュースみたいなものを作る遊びにも夢中だった。先生たちも来てくれて、一緒に追いかけっこをして、園庭は笑顔であふれた。
だんだん日も短くなって、お別れの時間には日が傾いていた。手をつないで輪になった子どもたちは夕暮れの優しい光に包まれた。その光景はあたたかく、幸せだった。
幼稚園時代のことは、いつか子どもたちは忘れてしまうかもしれない。でも、このあたたかさが心の中に残ってくれたらいいなと思わずにはいられない。

2019-09-28

塩田千春展 魂がふるえる

森美術館で開催されている塩田千春展 魂がふるえるへ。
トラウマになるレベルで怖かった。直視できなかった。自分の中にある何かおそろしいものが目の前に現れている感じがした。でも、怖いもの見たさで、ここへ来てしまったのだ。

ドイツの子どもたちが「たましいとは何か」を話すフィルム作品があった。子どもたちは自分の気持ちや経験したことをそのまま言葉に紡いでおり、興味深かった。
我が家では父と祖母の法事が続いていて、私も子どもたちと生や死や魂のことを考えたり話したりすることがある。子どもたちの素直な言葉には本当にハッとさせられる。

2019-09-25

ランチタイム その2

音楽に関わるデザインや、私が個人事業主になったときに一番最初にお仕事を依頼してくださったお客様の名刺・封筒のデザインなどが進行中。
事務所に出社する日の楽しみ、ランチタイム。今日は海老クリームの氷を最後にまぶしていただくおいしいパスタ。

2019-09-24

かたつむり

梅雨に近所の友だちからもらったかたつむり。食べたものと同じ色のウンチをすること、たまごの殻を食べて自らの殻にすること、乾燥しているときは殻の入り口に膜を貼ってじっとしていること、知らなかったことがいっぱい。水をかけると殻をクルクルと回して、かわいいツノを出してくれる。
幼稚園や旅先で、「かたつむりさんにあげる」と言って拾った落ち葉をポケットに入れる次女。朝、霧吹きでかたつむりに水をあげることが日課になった長女。かたつむりは、すっかり家族の一員になっている。

2019-09-23

しまじろうとながれぼしのねがいごと

宇宙科学館でプラネタリウム「しまじろうとながれぼしのねがいごと」を観た。星に挟まってしまった彗星の男の子を助けるためにみんなで「頑張れー!」と言ったりして、短編の映画を観ているようで楽しかった。長女が0歳のときから一緒のしまじろうは一番付き合いの長いキャラクター。やっぱりしまじろうはいいな。

2019-09-22

名古屋旅行 名古屋港水族館

2日目は、弟家族と名古屋港水族館へ。日本では2ヵ所にしかいないシャチに、先月に引き続き会えた。イルカたちの愛想がよく、水槽越しに近づいてきてくれた。

マイワシのトルネードショーがユニーク。3万匹のマイワシが、光と音楽の演出の中、群れをなして泳ぐ姿が幻想的だった。
弟家族と賑やかに過ごした名古屋の2日間はとても楽しかった。また訪れたい。

2019-09-21

名古屋旅行 あいちトリエンナーレ2019

あいちトリエンナーレ2019へ。会場に入ってすぐに広がるウーゴ・ロンディノーネの45体のピエロが非日常的な時間にいざなう。好きな衣装のピエロを探したり、ピエロと同じポーズをとったりして遊んだ。

一番楽しんだのはアートプレイグラウンド【あそぶPLAY】。「芸術祭で作品からインスピレーションを受けた鑑賞者が、自然な形でものづくりや発信反応ができる」場所。誰かが作ったダンボールの遊具でいっぱいのダンボール公園で、ダンボールで遊びながら自分たちもダンボールで何かを作る。インプットしながら同時にアウトプットできるという試みは刺激的で楽しい。

アート鑑賞の後は栄散歩。懐かしさを覚える街。猿Cafeでひと休みして、ビル内にある観覧車、スカイボートに乗ることに。見た目よりけっこう高く上がり、街が一望できた。高所恐怖症のパパはガクブル、乗るまで怖がっていた子どもたちは下が見下ろせるガラスからずっと景色を見て楽しんでいた。

夜は弟家族の家へ。義妹のおいしいごはんと手製の梅酒で気持ちよく酔う。子どもたちは姪とたくさん遊んだ。3姉妹になったみたいで楽しそうだった。良い夜だった。

2019-09-20

NO MUSIC,NO LIFE

コーラスグループのスタジオ練習。マイクを通して歌うとやっぱり違う。メンバーのモチベーションも上がってきた。コーラスとピアノ、ベース、カホン、ドラムとのセッションも楽しみ。幼稚園のコーラスサークルも復活して、今年は歌を歌う機会が増えた。大変な事もあるけど、歌で気持ちがつながる瞬間は心が震える。やっぱり「NO MUSIC,NO LIFE」だ。

2019-09-18

「monthlyにこ肌だより」10月号ができました

「nicoせっけん」「nicoオイル」ご購入の方にお届けしている「monthlyにこ肌だより」の10月号ができました。10月号は、nicoせっけんやnicoオイルをご愛用のみなさまから寄せられた体験談をたくさんご紹介する「体験談スペシャル」です。
幅広い世代の方がnicoせっけんを使ってくださっています。nicoせっけんは敏感肌用のベビーせっけんなので、どの年代の方でもお使いいただけます。これからも、みなさまのお役に立てましたら幸いです。

* * *
「nico」はアトピーや敏感肌など、肌に心配ごとのある子どもたちとそのご家族のためのスキンケアブランドです。
商品のご紹介はこちらをご覧ください。
ご注文はこちらから承っております。

2019-09-16

リュウソウジャーショー

今期2度目のリュウソウジャーショー。Gロッソの中にあるカフェの戦隊コラボサンデーはメルト色のブルーハワイを。

次女がかぶっていたクレオンのお面にリュウソウレッドが気づいてくれた!

今回のステージは追加戦士のリュウソウゴールドが主役。海中の演出で宙吊りで戦う場面が良かった。やっぱり握手会にも参加(シアターGロッソで僕と握手!)。子どもたちも親も大満足。またまた見に来たい。

2019-09-15

姉妹それぞれとの関わりと科学館

今週は、次女の友だちを家にたくさん呼んだり、長女と2人でご飯を食べに行ったり、それぞれとの関わりを意識して過ごしている。今日は3人で教会へ。ふたりはそれぞれの同年代の子どもたちと交流していた。
教会のあと、宇宙科学館へ。ちびまる子ちゃんのプラネタリウムを観て、サイエンスショーに参加。小さい頃、私も科学館が大好きだった。星や科学、勉強では苦手分野だったけれど、理科の世界に触れるのはワクワクする。

2019-09-14

赤山美術展

赤山美術展「光の遊ぶ庭」を見に行く。人と自然との繋がり、共生の大切さがテーマ。虫をモチーフにした作品があり、長女が「セミかな?」と言っていたら、「何だろうね?お兄さんも分からないなあ」と話しかけてくれた人がいたが、その人が作者の彫刻家・外丸治さんだった。

先月参加した田中紗樹さんのワークショップで子どもたちが描いた作品も展示されていた。しかし子どもたちは鑑賞そこそこに、外に飛び出し、同年代の子どもたちと一緒になって虫捕り網を振り回していた。自然の中でアートと遊びを隔てなく楽しむ。展示会のテーマに通じる所があった。

2019-09-10

母と娘と私の手作り

母がフェルトで作ったスイーツを送ってくれた。取り合いになる子どもたちのため、全て2個ずつ。丁寧な縫い目。

子どもたちが作った折り紙のピカチュウ。左が次女、右が長女作。それぞれの顔に、何だか似ている。

相変わらずリュウソウジャーが熱い。最近気になっているのは敵の「クレオン」。敵だけど憎めないキャラで、彼がリリースした(劇中で歌っていた曲が本当に発売された)ダンスナンバー「ドロドロ・シンドローム」は子どもたちも好きで踊っている。戦士も敵も熱いリュウソウジャー。ストーリーもデザインも、毎回意表を突かれ、創造力を刺激される。クレオン好きが高じた私、子どもたちをクレオンにするお面を作ってしまった。

教会の日曜礼拝でいただいたゴーヤをチャンプルーに。子どもたちは苦くてダメかと思いきや、おかわりするほど気に入ってくれた。
礼拝や幼稚園の保護者会に出席にすると、大切なことは何か、しっかり思い出させてくれる。
「感謝」。子どもたちには感謝の習慣が身についている。
「祈り」。今日は、私の大切な友人が病と向き合う大事な日だ。祈りたい。
「己を顧みる」。これは私だ。すぐに見失ってしまうけど、節目で必ず顧みたい。

2019-09-07

バースデー・ピクニック

長女の友だちの誕生パーティーは公園でピクニック。友だちはイギリスからの帰国子女、さすがのテーブルセッティング。

テーブルの上のおいしそうなスイーツに、ちょうちょも寄ってきた。

アメリカやイギリスの子どもの誕生日会でよく行うという「ピニャータ」を。元々はメキシコのお祝いの時の遊びで、中にお菓子が詰まった紙製の人形を子どもたちで叩き割る(かわいいユニコーンだったので、ちょっとかわいそうな感じも…)。中からお菓子が飛び出したら、子どもたちは夢中で拾い集めていた。

ダンボールで作られたケーキにみんなでペイントしたり、手形を押したり。イギリスの塗料は絵具自体がポップな色。ラメの絵の具もあって、キラキラのケーキになった。

2019-09-06

モフモフとしか言いようがない

猫をじっくりと撮る。

モフモフとしか言いようがない。

かわいいとしか言いようがない。

2019-09-04

「monthlyにこ肌だより」9月号ができました

「nicoせっけん」「nicoオイル」ご購入の方にお届けしている「monthlyにこ肌だより」の9月号ができました。残暑にはどのようなケアをすれば良いか、悩む方も多いのではないでしょうか。今号では、残暑のケアについて、記事を書かせていただきました。 基本的には夏と同じ「汗のケア」が中心ですが、湿度が下がってくるため「乾燥のケア」が必要や可能性も出てきます。
季節の変わり目は肌の状態が不安定になりがちですが、残暑のケアに気をつけて、穏やかに秋を迎えられると良いですね。

* * *
「nico」はアトピーや敏感肌など、肌に心配ごとのある子どもたちとそのご家族のためのスキンケアブランドです。
商品のご紹介はこちらをご覧ください。
ご注文はこちらから承っております。

2019-08-25

鴨川シーワールド

一泊二日で鴨川シーワールドを楽しむ旅。ホテルにチェックインしてすぐシーワールドへ。愛嬌のある亀がかわいかった。セイウチやマンボウなど、初めて見る動物や魚がたくさん。楽しみにしていたシャチのショーは満員で見られなかった。

シーワールドをひととおり周った後は、子どもたちお待ちかねのプールへ。

夕食はバイキング。ほとんど家族連れで賑やか。夕食の後、キッズスペースで我が家の姉妹と同じ年齢の兄妹と一緒にシャチの絵を描いて遊んだ。
その後、ホテル主催のシーワールドナイトツアーに参加。夜の水族館はワクワクした。どこからか鳴き声がする。シャチの水槽だった。星空の下、回遊する大きなシャチは神秘的だった。

翌朝一番、昨日見られなかったシャチのショーに向かった。「サマースプラッシュ」というイベントで、シャチはやんちゃに暴れまくり、めちゃくちゃ濡れた(ポンチョ着用)。海水が怖くてショーの写真は撮れず。ダイバーさんがシャチの上に乗って泳いだり、シャチの上から飛び込んだり、パフォーマンスも迫力があり、素晴らしかった。

ベルーガ(シロイルカ)のショーも良かった。シロイルカは頭部の脂肪で音を発する。人間の声の真似をすることもできる。生き物の不思議さを改めて感じる。

2日目もプール。シーワールドのくじで当たったシャチのビーチボールで遊んだ。
夏休み最後の週末は、子どもたちが大好きな水族館とプールをたっぷりと楽しんだ。

2019-08-23

夏の終わり

夜道を自転車3人乗りで走る。吹く風は少し涼しく、鈴虫の鳴き声がした。向かったのは盆踊り大会。久しぶりに友だちに会えて子どもたちは嬉しそうだった。あっという間に夏休みが終わる。

2019-08-22

こたつとごちそうとおばあちゃん

祖母が旅立った。

長女が祖母の絵を描いた。いつもこたつの前に座って私たちを待っていた祖母。こたつの上にはごちそうが載っている。
そうできなくなってからずいぶん経つけれど、そうしていた祖母のことを長女は覚えていた。

たくさんの愛を与えてくれた人だった。幼い頃から今まで、ずっと。
その愛は私の中で温もりとなっている。この温かさを、つないでいけたらいいなと思う。

2019-08-15

騎士竜戦隊リュウソウジャーTHE MOVIE/ブラティスラヴァ世界絵本原画展

騎士竜戦隊リュウソウジャー THE MOVIE タイムスリップ!恐竜パニック!!」を観てきた。本編より熱く、熱く、泣いた。一緒に上映された「劇場版仮面ライダージオウ Over Quartzer」はコミカル味が強く、まさかの仮面ノリダー登場にびっくり。

その後ブラティスラヴァ世界絵本原画展へ。特に惹かれたのがハンネ・バルトリンと町田尚子さんの絵本。デンマークの作家ハンネ・バルトリンの絵本「あなたについての話」は、水彩絵の具の優しい色彩の中に隠れるおばけと天使を探すのを楽しんだ。日本の作家町田尚子さんの絵本「ネコヅメのよる」は、猫の表情がとても魅力的だった。

「ネコヅメのよる」の猫の顔が印刷されていたチケットが良い。

2019-08-14

母の宿題2019

毎年恒例の私の夏休みの宿題、秋まつりのポスターは、年々子ども頼りに。私は下書きと文字のみ。

子どもたちの任意の宿題は、絵具をストローで吹いたり、クレヨンを飛ばしたり。左が長女、右が次女。次女の右下は魚を描いたらしい。長女の真似ばかりではなく、自分の描きたいものを描くようになってきた。

2019-08-12

新潟の夏

父の初盆。送りの日まで滞在できないため、本物の野菜では傷んでしまうから、折り紙で精霊馬を作った。

供養の夜、父と何度も訪れたバーに行った。マスターが芥川龍之介の「酒虫」という物語を話してくれた。父にとっての酒虫は、何だったのだろうか。それは禍だったのか、福だったのか。

子どもたちと、海に、温泉に、プールに行った。プールは長女がバタ足で進めるようになり、次女は幼児プールを卒業して普通のプールで浮き輪で蹴伸びができるようになった。毎年少しずつ、できることが増えていく。

鮭の資料館にある、本物の川の中が見える窓。魚(鮭の稚魚?)を眺めていると、カモがスイスイ泳いできて驚いた。

子どもたちは初体験のプラネタリウム。鮭の稚魚が天の川に上って星の世界に迷い込んでしまうお話。星座を旅しながら、鮭の一生が描かれていた。遠い海から子孫を残すためだけに生まれた川に帰ってくる。その本能に驚き、命をかけて命を繋ぐ生き方に改めて感動した。

夕方は田んぼを散歩。ザリガニ、ハゼ、カニ、タニシ、カエル、イナゴなどを見つけた。ザリガニは10匹くらいいて、取っ組み合いをしたり、素早く泳いだりして子どもたちは大興奮。

稲穂が垂れた田んぼがあった。これがごはんになるんだよと言うと、子どもたちは興味津々に稲穂を眺めていた。

新潟名物のソースカツ丼を食べたり、台湾料理屋で1品で3人前くらいありそうなラーメン定食を食べたり、お気に入りのケーキ屋さんでケーキを食べたり、カフェでおいしいランチを食べたり、子どもたちも私も、よく食べた。

毎年恒例の、中学時代の同級会。この数年で交流が増えて、中学時代のキャラではなく、今の私そのままで同級生と接することができるようになった。小さな町で時代を共有した仲間と語る時間は有難い。先生もお元気で嬉しい。最後は「また来年」と言い合った。

今年の夏も、私も子どもたちも、故郷を楽しんだ。これが父が一番、喜んでくれることだと思う。