2019-12-06

きっと生まれ変わっている

父が旅立ち、四季が巡った。
今日まで、「去年の今頃の父との出来事」を思い出して、辛かった。父に会いたい気持ちはずっと変わらないが、この辛さは、今日でおしまいだ。
長女は「じぃじはもう、生まれ変わってるよ」と言う。きっと生まれ変わっている。だけど忘れないで欲しい、一緒に過ごした記憶は、子どもたちはあまりにも幼すぎてやがて消えていくだろう、でも父のあたたかさを、忘れないで欲しい。

2019-12-05

「monthlyにこ肌だより」1月号ができました

少し早いですが、nicoのスキンケア商品をご購入の方にお届けしている「monthlyにこ肌だより」の1月号ができました。1月号は、nicoせっけんやnicoオイルをご愛用のみなさまから寄せられた体験談をたくさんご紹介する「体験談スペシャル」です。
梅田やすこ先生のレシピは「厚揚げ和風グラタン」。お豆腐なのでお腹に優しく、お子さまがお手伝いできる手順も多いため、お子さまと一緒に作っていただきたい一品です。

2019-12-02

石川颯人さん「糸」 CDジャケットデザインを担当しました

シンガーソングライター・石川颯人さんのCDジャケットデザインを担当しました。「糸」という曲の詞が印象的で、ここからデザインを考えていきました。12月24日発売です。大好きな音楽のデザインに関わる仕事ができて嬉しかったです。



CDに収録されている「糸」「ボーイズライフ」他、デモ音源はこちらで聴くことができます→石川颯人SoundCloud

2019-12-01

公園とホームパーティー

昨日は車で1時間ほどの公園で長女と次女のそれぞれのお友だちにバッタリ、偶然にビックリ。1日中遊んだ。
今日はパパの友人宅でホームパーティー。子どもたちがたくさんで、賑やかな1日だった。

2019-11-29

茉華 浅草まるごとにっぽん店にて

nicoせっけんを置いていただいている茉華 浅草まるごとにっぽん店です。Webサイトでnicoせっけんを知ったお客様が使い心地を試してお買い上げくださることも多いとのこと、ありがとうございます。

なお、茉華 浦和PARCO店は明日11月30日をもって閉店となります。浦和PARCO店にお越しいただいたお客様、nicoせっけんをお買い上げいただいたお客様、誠にありがとうございました。nicoせっけんを手に取ってお試しいただけるのは浅草店のみとなりましたが、お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。

2019-11-28

ピュ~ぴる展 GODDESS

ピュ~ぴるさんの個展「GODDESS」を観にDIESEL ART GALLERYへ。8年前、彼のドキュメンタリー映画を観て、光を感じた。12年ぶりの日本での個展は相変わらず唯一無二の表現で格好良かった。

あの時彼女がくれた言葉。
“幸せになりましょう。幸せにしましょう。
誰しもが幸せに自らの人生を生きる事が出来ます様に”

2019-11-26

秋のおわり、冬のはじまり

最近は穏やかに日常が過ぎている。幼稚園の後、お友だちのおじいちゃんの家でみかん狩りをさせてもらったり、1年生のお姉ちゃんと一緒にワークをしたり、ご近所さんが遊びに来たり。

ボーカルグループLittle Gemstonesのキャラクター、「くまのリトルくん」と「うさぎのジェムちゃん」。先日のライブでは2匹が森を探検する物語に沿ってステージを作り上げた。ライブが大成功して盛り上がった私たち、早速来年のライブに向けて曲選びやアイディア出しをしている。

街はすっかりクリスマス。幼稚園はアドベントに入り、神さまのことを学び、クリスマス会の準備を始めている。保護者会で牧師先生のお話を聞いた。幼稚園に出会わなければ、牧師先生の言葉を借りれば私は「迷える子羊」だったと思う。幼稚園でキリスト教に触れ、感謝や顧みる気持ちを知ることができた。そのことに改めて感謝したいと思う時だった。

2019-11-25

撮影

幼稚園の文集に載せる先生方の写真撮影を仰せつかった。全ての先生を上手く撮れるかプレッシャーだったが、さすが幼稚園の先生、皆自然な笑顔をしてくださった。反省点もあるけれど、良い表情が撮れたと思う。撮影の勉強にもなり、良い経験だった。

2019-11-15

soi cafe

子どもたちの通院の後、ママ友に教えてもらったカフェが近くにあったのを思い出して寄ってみた。とても素敵なカフェだった。チャイはスパイスがピリっときいていておいしかった。子どもたちもケーキとジュースで満足。日が落ちるまで、カフェの時間を楽しんだ。帰りは自転車屋さんで長女の自転車を見たり、遠回りをして高架を渡ったり、道草も楽しい晩秋の夕暮れだった。

2019-11-14

ムーミンバレーパーク

ムーミンバレーパークへ。まさに絵本の世界。紅葉も始まっていて、絶好のムーミン谷日和。

プロジェクションマッピングを使ったアトラクションがあったかと思えば、思い切り体を動かせるアスレチックもある。子どもたちはもちろん大喜び。

カフェのカップはムーミン柄。ケーキもムーミンの絵本がモチーフ。かわいいお家型のティラミスはとてもおいしかった。

ムーミン谷での楽しい時間の締めくくりはムーミン達のライブパフォーマンス。ムーミン達が踊るテーマソング「雲にのれたら」がとても良く、ハッピーな気分になった。

2019-11-13

「monthlyにこ肌だより」12月号ができました

nicoのスキンケア商品をご購入の方にお届けしている「monthlyにこ肌だより」の12月号ができました。今号もお客さまインタビュー。「気持ちいいー!このアワワ!」という、なんともかわいらしい娘さんの声をお便りしてくださったお客さま。赤ちゃんの頃から湿疹に悩んできましたが、nicoせっけんが一番実感できた、という嬉しいご感想をいただきました。

また、アート教室の先生であるinuiさんの工作コラム「自然のものを使って作るワクワククラフト」が連載スタート。今回は松ぼっくりを使って作るカラフルなクリスマスツリーです。誌面でクラフトに挑戦してくれるのは、inuiさんのお子さま。ボウルを帽子にしたりして、おちゃめな弟くん。真剣にデコレーションする表情が素敵なお姉ちゃん。ふたりとも、素敵な松ぼっくりツリーができあがりました。

2019-11-11

猫と長女

ゆっくりゆっくりと、距離を縮めている長女といるか。最近では長女の持つオモチャにじゃれるようになった。自分の子どもといるかが遊ぶ日が来るなんて夢みたいだ。

2019-11-10

映画スター☆トウィンクルプリキュア 星のうたに想いをこめて

夜遅くまで音楽と一緒に過ごした夢のような1日が明け、今日はスター☆トウィンクルプリキュアの映画、星のうたに想いをこめてを観に行った。
偶然にも、「歌」がテーマの物語だった。「悪い星」になってしまった星の子ユーマに届ける歌を歌うプリキュア。その歌がユーマに届き、暗黒の星が光溢れる楽園に変わっていく。とても素晴らしい世界で、涙が止まらなかった。

おもいねがい よぞらをかける
きもちとどき こころはひとつ
ほしはひかり みんなをてらす

ひかるが幼い頃にお母さんに歌ってもらった「ながれぼしのうた」。
懐かしく、優しく、涙があふれる。
この世界に、歌があってよかった。

2019-11-09

ヤヂプレ!2019 終了しました

「ヤヂプレ!2019 in 西川口HEARTS」が終了。
ボーカルグループ「Little Gemstones」の初ステージ。大成功だった。

昨年観客として観に行き、子どもたちと跳びはねて音楽を楽しめる「ヤヂプレ!」に一目惚れ。私も仲間に入れて欲しいと伝え、メンバーを集め、0から作った歌とステージだった。
競演のバンドもパワフルで最高だった。久しぶりの「打ち上げ」も楽しかった。大人も子どもも一緒に音楽を楽しむこと。これからも続けていきたい。
個人的には、アカペラ歴約20年(!)にしてステージ初挑戦したボイスパーカッションを、これからパワーアップさせていきたい。

🌈SET LIST🌈
1.ひかり ひかり
2.きらきらぼし(リトジェムver.)
3.さんぽ
4.Amazing Grace
5.にじのむこうに
6.残酷な天使のテーゼ
7.ひまわりの約束
8.パプリカ

2019-11-03

ふるさと

父がふるさとへ還った。
前回は父と来た、父のふるさと。今日は幼い孫たちが、景色の中を駆けていた。

2019-11-01

ハロウィン

次女の友だちのお家でハロウィン、近所のアイスクリーム屋さんでトリックオアトリートするハロウィン、長女のクラスで公園ハロウィン。今年の仮装(衣装)は長女がエルサ、次女がアリス。たくさん遊び、お菓子をたくさん食べた。

2019-10-26

七五三

昨日は幼稚園の祖父母の日。義母と母が来てくれて、長女と次女それぞれと一緒に遊んだ。帰宅後、子どもたちが掘ったさつまいもで作ったさつま汁で昼食。楽しい時間だった。
今日は義母と母と一緒に次女の七五三。着物を着ていつもの神社へ。3歳のはじける可愛さ。天気にも恵まれ、良い七五三だった。
私たちを見守ってくれるふたりのおばあちゃんに心から感謝したい。こうやって皆で集まるのは簡単ではないけれど、大事にしたい時間だと改めて思った。

2019-10-21

「monthlyにこ肌だより」11月号ができました

nicoのスキンケア商品をご購入の方にお届けしている「monthlyにこ肌だより」の11月号ができました。今号はお客さまインタビュー。ご自身もアトピーに悩み、辛いご経験をされてきたお客さま。息子さんは特にお顔のアトピーがひどく、このまま薬を使い続けて良いのだろうかと不安になる中で、nicoせっけんを手に取ってくださいました。息子さんが、使い始めて2日目で「もーかゆくないよ~!」と笑ってくださったそうです。nicoせっけんがお肌に合いまして嬉しく思います。
表紙のイラストはwafuyuyuさん。水彩タッチの優しい色彩がnicoせっけんにぴったりだと思い、イラストをお願いしました。

nicoせっけんを置いていただいている茉華 浦和PARCO店では、乾燥の時期ということもあり、アトピーなどの肌トラブルにおススメのスキンケアコーナーが設置され、nicoせっけんもこちらに置いていただいています。店内の洗面コーナーで試していただくこともできますので、スタッフの方にお気軽にお声がけください。

2019-10-20

屋上遊園地

伊勢丹浦和店の屋上で開催された屋上遊園地「浦和LOOP」に、母と一緒に行ってきた。ゴーカートに乗ったり、小さなメリーゴーランドに乗ったり。大きなCotton Candyは自身の畑で採れたフルーツで味付けされたおいしいわたあめ。2日間限りの幻の遊園地。楽しかった。

2019-10-19

秋祭り2019

幼稚園の秋まつり。3年目の今年は初めてスタッフとして参加した。事前の準備では装飾チームの副リーダーとして園内装飾のデザインをした。ものづくりが好きのママたちとの作業は常に刺激があり楽しいものだった。提案したロゴマークが採用され、OGのママが消しゴムハンコを作ってくださり、今年の秋まつりのモチーフとして様々な場所で使われた。当日はゲームコーナーを担当、またコーラスサークルのメンバーとしてミニコンサートに参加した。
子どもたちと一緒に楽しむ、楽しんでもらえる制作ができたのは本当に良い経験になった。
長女は幼稚園最後の秋祭り。年長は手作りクッキーを売る「スタッフ」として頑張った。次女はまだ年少なので、私の秋まつりはあと2回。今年の経験をこれからに繋げていきたいと思う。

2019-10-14

ヤヂプレ!2019に出演します

所属しているボーカルグループ「Little Gemstones」が11月9日(土)、西川口HEARTSにて行われる「ヤヂプレ!2019」にてステージデビューします。「子どもと一緒に楽しめるステージ」がテーマ。楽器とのセッションも多くあり、今日もスタジオ練習で盛り上がりました。

2019-10-13

台風19号

激甚災害となった台風19号。できる限りの対策をして迎えたが、震災以来の恐怖だった。そして震災の時と違うのは、守らなければいけないものがあること。子どもたちを守れるのは私たちしかいないということ。避難すべきか、留まるべきか。ハザードマップを何度も確認し、留まることを選んた。結果、大事には至らなかったが、家での備えだけでなく、避難する際の情報収集や準備をしっかりしなければいけないと思った。

台風が過ぎた朝、近所の遊水地が水でいっぱいになっていた。普段は草原が広がり、グラウンドがあり、子どもたちとピクニックをしたり、虫捕りをしたりする場所。それが全て水に沈み、湖になり、私たちを守ってくれた。それは非日常的な光景だった。
ダムや池や、人の手によって作られたさまざまなものによって私たちは生かされている。温暖化など、自然のバランスを崩しているのも人間。矛盾があるかもしれないが、日々の生活は「守られて」いるのだということを改めて感じた。

お亡くなりになられた方々に謹んでお悔やみを申し上げます。
また、被害を受けられた方々、復旧作業に従事されている方々のご安全を心よりお祈り申し上げます。

2019-10-05

勇気100%

次女、初めての運動会。友だちと一緒に笑顔で踊り、元気よく返事をしてかけっこをした。親子で踊る母子遊戯も楽しんだ。人見知りだった次女はそこにはもういなかった。

長女、幼稚園最後の運動会。長女はなんと開会宣言を担当。体育の発表、自分たちで作るダンス、リレーと見せ場がいっぱいの年長。
運動会でボンボンを持って踊るのが年長の女子の恒例で、小さいクラスの女の子の憧れ。今年の曲は「勇気100%」だった。「そうさ100%勇気もうやりきるしかないさ 僕たちが持てる輝き永遠に忘れないでね」―まさに歌詞の通り、みんな元気いっぱいにボンボンを振り、輝いていた。その堂々とした年長の姿に涙が止まらなかった。

自分の子どもだけでなく、園児みんなを応援したくなる運動会。今年も最高だった。

2019-10-01

あたたかな夕暮れ

遠くに引っ越してしまったお友だちが幼稚園に遊びに来てくれて、放課後みんなで園庭で遊んだ。兄は長女のクラス、妹は次女のクラスだった。それぞれにお手紙を書いて渡した。とにかく走って走って、遊んだ。園庭にある山ぶどうをビニールに入れてジュースみたいなものを作る遊びにも夢中だった。先生たちも来てくれて、一緒に追いかけっこをして、園庭は笑顔であふれた。
だんだん日も短くなって、お別れの時間には日が傾いていた。手をつないで輪になった子どもたちは夕暮れの優しい光に包まれた。その光景はあたたかく、幸せだった。
幼稚園時代のことは、いつか子どもたちは忘れてしまうかもしれない。でも、このあたたかさが心の中に残ってくれたらいいなと思わずにはいられない。

2019-09-28

塩田千春展 魂がふるえる

森美術館で開催されている塩田千春展 魂がふるえるへ。
トラウマになるレベルで怖かった。直視できなかった。自分の中にある何かおそろしいものが目の前に現れている感じがした。でも、怖いもの見たさで、ここへ来てしまったのだ。

ドイツの子どもたちが「たましいとは何か」を話すフィルム作品があった。子どもたちは自分の気持ちや経験したことをそのまま言葉に紡いでおり、興味深かった。
我が家では父と祖母の法事が続いていて、私も子どもたちと生や死や魂のことを考えたり話したりすることがある。子どもたちの素直な言葉には本当にハッとさせられる。

2019-09-25

ランチタイム その2

音楽に関わるデザインや、私が個人事業主になったときに一番最初にお仕事を依頼してくださったお客様の名刺・封筒のデザインなどが進行中。
事務所に出社する日の楽しみ、ランチタイム。今日は海老クリームの氷を最後にまぶしていただくおいしいパスタ。

2019-09-24

かたつむり

梅雨に近所の友だちからもらったかたつむり。食べたものと同じ色のウンチをすること、たまごの殻を食べて自らの殻にすること、乾燥しているときは殻の入り口に膜を貼ってじっとしていること、知らなかったことがいっぱい。水をかけると殻をクルクルと回して、かわいいツノを出してくれる。
幼稚園や旅先で、「かたつむりさんにあげる」と言って拾った落ち葉をポケットに入れる次女。朝、霧吹きでかたつむりに水をあげることが日課になった長女。かたつむりは、すっかり家族の一員になっている。

2019-09-23

しまじろうとながれぼしのねがいごと

宇宙科学館でプラネタリウム「しまじろうとながれぼしのねがいごと」を観た。星に挟まってしまった彗星の男の子を助けるためにみんなで「頑張れー!」と言ったりして、短編の映画を観ているようで楽しかった。長女が0歳のときから一緒のしまじろうは一番付き合いの長いキャラクター。やっぱりしまじろうはいいな。

2019-09-22

名古屋旅行 名古屋港水族館

2日目は、弟家族と名古屋港水族館へ。日本では2ヵ所にしかいないシャチに、先月に引き続き会えた。イルカたちの愛想がよく、水槽越しに近づいてきてくれた。

マイワシのトルネードショーがユニーク。3万匹のマイワシが、光と音楽の演出の中、群れをなして泳ぐ姿が幻想的だった。
弟家族と賑やかに過ごした名古屋の2日間はとても楽しかった。また訪れたい。

2019-09-21

名古屋旅行 あいちトリエンナーレ2019

あいちトリエンナーレ2019へ。会場に入ってすぐに広がるウーゴ・ロンディノーネの45体のピエロが非日常的な時間にいざなう。好きな衣装のピエロを探したり、ピエロと同じポーズをとったりして遊んだ。

一番楽しんだのはアートプレイグラウンド【あそぶPLAY】。「芸術祭で作品からインスピレーションを受けた鑑賞者が、自然な形でものづくりや発信反応ができる」場所。誰かが作ったダンボールの遊具でいっぱいのダンボール公園で、ダンボールで遊びながら自分たちもダンボールで何かを作る。インプットしながら同時にアウトプットできるという試みは刺激的で楽しい。

アート鑑賞の後は栄散歩。懐かしさを覚える街。猿Cafeでひと休みして、ビル内にある観覧車、スカイボートに乗ることに。見た目よりけっこう高く上がり、街が一望できた。高所恐怖症のパパはガクブル、乗るまで怖がっていた子どもたちは下が見下ろせるガラスからずっと景色を見て楽しんでいた。

夜は弟家族の家へ。義妹のおいしいごはんと手製の梅酒で気持ちよく酔う。子どもたちは姪とたくさん遊んだ。3姉妹になったみたいで楽しそうだった。良い夜だった。