2018-11-04

那須旅行

“ナスハ タビスルカゼノ トオルマチ”
―NASU SHOZO CAFE

今年の秋の旅行は、那須高原。まず向かったのは大好きなNASU SHOZO CAFE。13年前、初めて訪れたときと同じ空気だった。お店のスタッフも変わらず優しかった。ベランダの席でランチを食べた。温かいカフェオレとボリューム満点のサンドウィッチ。子どもたちと真っ赤な紅葉を集めて遊んだ。SHOZO CAFEでの記憶に、子どもたちとの賑やかな記憶が加わった。

南ヶ丘牧場に行く。まずは長女が乗馬体験。思ったより馬が大きくて怖かったみたいだけど、楽しんでいた。ふれあいコーナーではヒツジやヤギにエサを。かなりぐいぐい迫ってきて、パパに飛び乗ったり、次女の両側にヒツジとヤギがぴったりくっついてきたり(次女はすっかりビビってしまった)。もっと静かな動物のところへ、と思い「うさんぽ」(うさぎの散歩)をすることに。しかし、木の根元でじっと動かないかと思ったら突然爆走して引っ張られたり、人間が振り回されっぱなしのふれあいコーナーだった。愛嬌のある表情の牛は鼻水が出ていて風邪を引いているみたいだった。お大事に。

ホテルに到着し、エントランスを入ってびっくり、ロビーは一面子どもの遊びスペースだった。「子どもが楽しいよ」とママ友におすすめされて決めたホテルだったが、宿泊施設というよりアミューズメントパークみたい。宿泊フロアのエレベーターが開いてまたびっくり、ジープやキリンが置いてあってサファリパークみたい。部屋のドアを開けてまたまたびっくり、天蓋付きベッドのあるピンク色のお部屋だった。
夕ご飯のビュッフェもスイーツがいっぱい。チョコレートタワーを初体験。子どもたちは興奮しっぱなしだった。

2日目は那須りんどう湖レイクビューへ。ラバーダックみたいな「ピンキーダック」が湖に浮かんでいたり、ヒツジが数頭坂道をだだだーっと走ってくるだけの「ヒツジのパレード」があったり、のどかな雰囲気のテーマパーク。園内にある「りんどう湖ファミリー牧場」で仔牛にミルクをあげたり、馬やヒツジにエサをあげたりした。やっぱり動物とのふれあいが楽しい。

穏やかな天気で、紅葉も素晴らしく、気持ちの良い那須旅行だった(湖面に映るピンク色はピンキーダックのお尻)。以前は毎年のように訪れていた那須、今回は8年ぶりだった。子どもたちと一緒に楽しむことができて嬉しかった。