2018-07-30

花火大会

今年の花火大会は、しっかり場所取りをして挑んだ。近くで見る花火は素晴らしかった。次女が「ハートのはなび見たい」と言っていたら、ピンクのハートの花火だけのスターマインが上がって、興奮していた。大宮第二公園がさらに好きになった。

2018-07-29

京都・大阪旅行2

チェックアウトぎりぎりまで旅館を楽しんだ後、出町柳の鴨川公園へ。千鳥や亀の形の飛び石が有名だけど、台風で増水していたため、パパが娘たちを抱っこして少しだけ渡った。少し上流に来ただけで自然豊かな景色になる。

久しぶりの阪急電車で大阪に移動。NU茶屋町のカンテ・グランテへ。関西時代、梅田にあるお店で同僚とよくランチをした。チャイのかき氷がおいしかった。

茶屋町を散歩。賑やかだけどゆったりとしている、梅田の空気が懐かしい。「六甲ミーツ・アート」の関連イベント、大木水木とミツヤ電機のパフォーマンスが行われていた。布のボールをかごに投げる参加型で、子どもたちが集まっていた。娘たちも参加。なかなかかごに入らない長女、アーティストの人たちと集まっていた人の声援を受け、入ったときには拍手が起こった。こういう交流は関西ならではのような気がする。

弟家族と待ち合わせてカフェへ。姪と初対面した。なんとも言えない嬉しさ。顔立ちというより、動き、存在そのものに弟の面影があった。赤ちゃんの頃の弟のことはまだ記憶にあるから、不思議な感じがした。娘たちの手をぎゅっとつかんでくれた小さな姪。姪も我が子たちも、これから未来に向かって大きくなっていく。一緒に成長していくのを見ていきたい。
やっぱり大阪が好き。関西が好き。大切な場所。また、来る。

2018-07-28

京都・大阪旅行1

西から東に引っ越し、初めて再訪する京都。台風直撃で無事にたどり着けるかも分からなかったが、雨はなく、気温も落ち着いていた。まず訪れたのはお稲荷さんの総本宮、伏見稲荷大社

目当ては千本鳥居。小さな鳥居がたくさん並んだ朱の世界はとてもフォトジェニックだった。

久しぶりの鴨川。納涼床や泳ぐ鳥たちを眺めながらゆっくりと散歩。三条周辺、寺町通り、新京極通り、河原町。数年前まで日常の近くにあった京都。でもまた遠くなってしまった京都。懐かしさに憧れに淋しさに、いろんな感情が沸いてくる。
夏の夕暮れの風。歩き疲れた娘を抱っこして重いなあと思いつつ、祭のにおいに心が躍る。祇園祭のひとつ「神輿洗い」の一部を見て、八坂神社まで歩き、旅館へ。

今回の旅の一番の楽しみ、旅館の部屋で京料理。鱧のすり流し、鮎の塩焼き、湯葉の白みそ鍋、賀茂なすなど、食べてみたかった京料理が勢ぞろい。デザートの抹茶のババロアまで、おいしく完食した。旅館の人たちはユーモアがあって素敵だった。浴場で出会ったバスガイドさんと仲良くなった。娘たちにも浴衣を着せて、夜更かしして眠りについた。

2018-07-27

ダンシング・ヒーロー

幼稚園のクラスの男の子に誘われて盆踊りへ。手をつないで楽しそうだった。子どもの盆踊りタイムの曲はなぜか「ダンシング・ヒーロー」だった。

2018-07-25

母の宿題2018

母の夏休みの宿題、幼稚園の秋まつりのポスター作り。園児の髪の毛をフルーツキャップや毛糸で作るのは長女のアイディア。顔も描いてくれた。夏休みの宿題はギリギリにやるタイプだったけど、最近は気になって早めに終わらせてしまう。

次女が風邪をこじらせ、猛暑もあって夏休み早々引きこもりの日々。朝と夕方に少しだけ近所の子たちと遊ぶ。ザリガニやクワガタを見たり、おいしいスイカをおすそ分けしてもらったり。長女は自転車が急にこげるようになった。私は小学校中学年までこげなかったので、すごいなあと思う。次女もトイレトレーニングを開始、まだ先は長いけどトイレに座りたがるようになった。引きこもりがちで鬱々としてしまうこともあるけど、子どもたちの成長を感じると嬉しくなる。

2018-07-24

いるかと仲良くなる

長女になでられて、いるかのノドがゴロゴロ鳴っている。この距離になるまで4年半かかった。獣医さんお墨付きの超ビビり猫。近づくと逃げてしまい、「いるかと仲良くなりたい」と願っていた長女が、接し方を試行錯誤しての結果。長女はとても嬉しそうだった。

次女といるかはこの距離感。逃げないけど、この距離。

2018-07-21

ワーゲンバス

パパがプレゼントしてくれたワーゲンバス型のスピーカー。Bluetooth。コードレスの快適さは感動もの。普通のミニチュアとUSBも集合して、ワーゲンバスがいっぱいに。

2018-07-19

「monthlyにこ肌だより」8月号ができました

「nicoせっけん」「nicoオイル」ご購入の方にお届けしている「monthlyにこ肌だより」の8月号ができました。今回はみなさんから寄せられた体験ハガキをご紹介する「nico nico VOICE」の特集です。

* * *
「nico」はアトピーや敏感肌など、肌に心配ごとのある子どもたちとそのご家族のためのスキンケアブランドです。
商品のご紹介はこちらをご覧ください。
ご注文はこちらから承っております。

2018-07-16

tupera tupera 絵本の世界展

tupera tupera 絵本の世界展」を観に、うらわ美術館へ。「しろくまのパンツ」のしろくまさんがお出迎え。娘たちがよく読んだ「やさいさん」「くだものさん」の原画に感動。「うんこしりとり」の「こうきゅうなうんこ」のうやうやしい展示に笑った。身近なものを生き生きとした作品にしてしまう技は、もはや魔法だと思う。

工作意欲をかきたれたれた娘たちは、展示もそこそこに、館内の工作コーナーへ。たくさん用意された工作の材料にワクワク。「レシートの芯」という珍しい素材を見つけ、私にも「ひらめき星(byノージーのひらめき工房)」が光り、娘たちの指人形を作った。

バッタリ会った幼稚園のお友だちに「トイレにうんこがいた!」と言われて行ってみたらトイレマークが…!すみからすみまで遊び心いっぱいの展示。楽しかった。

2018-07-14

キリの山・ハレの山

母と娘たちと赤城山へ。市内は猛暑なのに気温20度、湖が見えないほどの濃霧だった。帰り道、かわいい風車のある公園を発見。牛もいた。

翌日の榛名山は快晴。娘たちは初めてのロープウェイに喜んだ。久しぶりの水沢うどんはつるつるしておいしかった。

おもちゃと人形自動車博物館という不思議なテーマパークでキューピー人形の絵付け体験をした。私は幼稚園の制服を着たキューピーを作った。

2018-07-08

好きなものを心のままに

公園の小さな動物園へ。カタツムリやカナヘビなど、身近な虫や爬虫類のいるコーナーに夢中になる子どもたち。次女はリスのお食事をいつまでも見ていたり、カピバラを怖がったり、反応がおもしろかった。

長女がかみさまについていろいろ質問をしてくるようになった。なんでかみさまにお祈りをするの、かみさまはどんなかたちをしているの。久しぶりに教会に行った。変わらずあたたかく楽しい時間だった。守る者があるから、お祈りをする。

友人が参加しているハンドメイドイベントへ。長女はキャンドル作りのワークショップに参加。たくさん用意された飾りを好きなようにつけていく。たくさんあって私なら迷ってしまいそうだけど、長女はすぐにバラのパーツをたくさんつけはじめた。好きなものを心のままに。子どもの感性は刺激になる。

2018-07-01

小さなプール開き

あっという間に梅雨が明け、小さな庭に小さなビニールプールでプール開き。姉妹で楽しんだり、近所の子どもたちと一緒に楽しんだり。