2018-11-17

ヤヂプレ!2018

幼稚園の先生やパパママが出演するライブイベントへ。あの先生がレベッカを熱唱!あのママがかっこいいドラマーに!ギャップが最高だった。パパバンドのブルーハーツの「リンダリンダ」や「TRAIN TRAIN」では次女を抱っこしながらヘドバン。でも次女は「抱っこやだ」と言って最前列に行ってひとりで踊りだした。幼稚園でも私から離れられない次女、これには親の私も先生もびっくり。音楽で見た新しい一面。アンコールは私もよくステージで歌ったビートルズの「Twist and Shout!」。長女はお友だちと一緒にステージに上がって踊った。ママたちもいつものママの顔とはちょっと違う、弾けた表情をしていた。
終演の21時まで、子どもたちと一緒に夜更かしで楽しんだ。大好きなライブハウスで子どもたちと一緒に楽しめるなんて夢みたいだった。来年はステージに立てたらいいな。

2018-11-16

リトミック参観

長女のリトミック参観に行ってきた。専門の先生と行うリトミックは、子どもの発想から作られる。先生が「手や体を使って、どうやって色を塗りますか?」と問いかける。勢いよく手を挙げたのは長女だった。先生に呼ばれてみんなの前に立ち、想像の絵の具を足に塗ってぴょんぴょん飛び跳ねた。その動きに先生がピアノをつけ、みんなでぴょんぴょん跳ねる。その後もどんどん手が挙がり、ごろごろ転がったり、大きく手を広げて塗ったり、お尻をぴょこぴょこ上下して塗ったりして、空想のカンバスは色でいっぱいになった。みんな本当に楽しそうで、伸び伸びと取り組んでいた。

次女はプレ幼稚園でお絵かきをした。最近「何か」を描くようになった次女。いろいろな色で顔をいっぱい描いた。たくさんの色を使えるのは、心が豊かな証拠だと先生が言ってくれた。2人とも伸び伸びと育ってくれているなら、こんな幸せなことはない。

2018-11-10

初心

「はじまりの気持ちを思い出すの。女の子は大好きから気持ちがはじまるの。大切な想いのはじまりを。想いは女の子の輝く力になるの。」
―キラキラ☆プリキュアアラモード

まさにそういう想いから生み出したものに久しぶりに顔を出した。以前のように中心メンバーではなく、フライヤー制作とBGM作り、当日はスタッフとして動いたが、何となく中途半端になってしまった。変わったのは相手ではなく、おそらく自分だ。時代遅れになりたくなくて、初心を思い出さなかったのに、過去の自分には囚われていた。想いが足りないのは私のほうだった。
輝きはやがて色あせる。これから先、さまざまな場面でプライドとの葛藤が出てくる。そのときどうするか。「今」を進むことと、初心を忘れないことのバランスを取るのは本当に難しい。

だけど、長く会いたいと思っていた人に会えたり、久しぶりの人に再会できたことは嬉しかったし、参加してくれたお客さんが楽しんでいるのを見るのは幸せなことだった。特別なものを共有し、笑顔になれる時間。それを作り続ける仲間のことを、これからも応援したい。

2018-11-07

鉄塔

次女と束の間の公園の時間。澄んだ空と鉄塔になぜか懐かしさを感じ、心がぎゅっとなる。

次女の入園面接が終わった。長女は幼稚園生活を折り返した。長女は「プリキュア好き」というつながりでクラスにお友だちができた。その子が「長女とプリキュアごっこがしたい」と言ってくれて、幼稚園の後に一緒に遊んだ。2人はとても楽しそうだった。お互いに共通点を見つけて仲良くなるという過程が、成長だと思った。

所属しているママさんコーラスサークルではクリスマス会に向けての練習がはじまった。アカペラ時代の思い出が深い「Hark! the herald angel sing」も歌うことになった。幼稚園はまず感謝祭に向けて、そして一番の祝福の日であるクリスマスに向けて準備がはじまる。

2018-11-04

那須旅行

“ナスハ タビスルカゼノ トオルマチ”
―NASU SHOZO CAFE

今年の秋の旅行は、那須高原。まず向かったのは大好きなNASU SHOZO CAFE。13年前、初めて訪れたときと同じ空気だった。お店のスタッフも変わらず優しかった。ベランダの席でランチを食べた。温かいカフェオレとボリューム満点のサンドウィッチ。子どもたちと真っ赤な紅葉を集めて遊んだ。SHOZO CAFEでの記憶に、子どもたちとの賑やかな記憶が加わった。

南ヶ丘牧場に行く。まずは長女が乗馬体験。思ったより馬が大きくて怖かったみたいだけど、楽しんでいた。ふれあいコーナーではヒツジやヤギにエサを。かなりぐいぐい迫ってきて、パパに飛び乗ったり、次女の両側にヒツジとヤギがぴったりくっついてきたり(次女はすっかりビビってしまった)。もっと静かな動物のところへ、と思い「うさんぽ」(うさぎの散歩)をすることに。しかし、木の根元でじっと動かないかと思ったら突然爆走して引っ張られたり、人間が振り回されっぱなしのふれあいコーナーだった。愛嬌のある表情の牛は鼻水が出ていて風邪を引いているみたいだった。お大事に。

ホテルに到着し、エントランスを入ってびっくり、ロビーは一面子どもの遊びスペースだった。「子どもが楽しいよ」とママ友におすすめされて決めたホテルだったが、宿泊施設というよりアミューズメントパークみたい。宿泊フロアのエレベーターが開いてまたびっくり、ジープやキリンが置いてあってサファリパークみたい。部屋のドアを開けてまたまたびっくり、天蓋付きベッドのあるピンク色のお部屋だった。
夕ご飯のビュッフェもスイーツがいっぱい。チョコレートタワーを初体験。子どもたちは興奮しっぱなしだった。

2日目は那須りんどう湖レイクビューへ。ラバーダックみたいな「ピンキーダック」が湖に浮かんでいたり、ヒツジが数頭坂道をだだだーっと走ってくるだけの「ヒツジのパレード」があったり、のどかな雰囲気のテーマパーク。園内にある「りんどう湖ファミリー牧場」で仔牛にミルクをあげたり、馬やヒツジにエサをあげたりした。やっぱり動物とのふれあいが楽しい。

穏やかな天気で、紅葉も素晴らしく、気持ちの良い那須旅行だった(湖面に映るピンク色はピンキーダックのお尻)。以前は毎年のように訪れていた那須、今回は8年ぶりだった。子どもたちと一緒に楽しむことができて嬉しかった。

2018-10-31

みかん狩り

幼稚園の友人のおじいちゃんのお家でみかん狩りをさせてもらった。ぎっちり枝になっているみかんにびっくり。大さわぎで収穫して、少しお庭でいただいた。大きいのに味が濃くて瑞々しくて、最高においしいみかんだった。
その後、またまた仮装をして、近所のアイスクリーム屋さんへ。お菓子をもらって、アイスクリームをみんなで食べた。今年は仮装、何回しただろう。ハロウィン当日までたっぷり楽しんだ。そして秋の恵みも。子どもたちと一緒に季節の喜びを感じられるのが嬉しい。

2018-10-29

もりだくさんの秋の週末

10月最後の週末はイベントが盛りだくさん。幼稚園の「祖父母の日」に母が来てくれた。一緒に食事をして、幼稚園ではレクリエーションをしたり、子どもたちが作ったスイートポテトを食べたりして、母も長女も楽しんだみたいだ。

長女のクラスでハロウィンパーティー。仮装をして公園へ。仮装した子どもたちはとってもかわいかった。ハロウィンの絵本の読み聞かせを聞いて、公園の裏山でお菓子探し。いつもの場所でいつもの仲間と特別な時間。

大学のアカペラサークルの後輩たちと、いつもカフェでランチをしてから大学構内を散歩した。学生時代、学部棟より入り浸っていた(!)合宿所前で子どもたちは楽しそうにかくれんぼをした。これが未来なんだね、としみじみ言い合ったりした。

幼稚園のママ友が主催している商店街のハロウィンイベントへ。仮装をして、「トリックオアトリート」と言って商店街のお店からお菓子をもらった。私が20年(!)通っている美容室にも行った。娘たちの手提げ袋はお菓子でいっぱいになった。

神宮外苑で「BIKE TOKYO」という自転車レースに遭遇。ルイガノのブースで長女の自転車を試乗しようと思ったけど、ギリギリ足がつかず、3人乗りの電動自転車に試乗して神宮外苑を一周することに。建設中の国立競技場も見えて、気持ちのいいサイクリングだった。

たくさん遊んだ週末の最後は、映画HUGっと!プリキュア♡ふたりはプリキュアオールスターズメモリーズ。舞台挨拶にキュアエールがサプライズ登場。映像も音楽もストーリーも素晴らしかった。そしていつでも他人の悲しみに気づき、エールを送る主人公のキュアエールが本当に素敵だった。涙が止まらなかった。

今日は久しぶりに長女がスポーツクラブに行った。指を骨折してしばらく欠席していたのだ。久しぶりで新しいこともたくさんあってうまくできず、笑ってごまかしていた長女に、心の中で強くエールを送った。そしたら長女、鉄棒がうまくできた。他の子のママが「うまくできたね」と声をかけてくれた。私も他の子のママも、自分の子どもだけではなく、みんながみんなを心の中で応援していた。それが子どもたちに伝わったみたいだ。
誰かのことを想いエールを送ることの大切さ、それはちゃんと伝わること。大切なことを子どもたちとの触れ合いの中で気づく。子どもたちから「アスパワワ」をたくさんもらった10月最後の週末だった。

2018-10-20

秋祭り

幼稚園の秋祭り。参加しているママさんコーラスでは去年に引き続きミニコンサートを開いた。ステージは楽しかった。あっという間だったけど、歌が作るあたたかい時間がやっぱり好きだとあらためて思った。娘たちも「ママたちの歌が楽しかった」と言ってくれた。私たちが歌った「小さな世界」を、帰ってきてから姉妹で歌っていた。

2018-10-17

プリハート

手作りのHUGっと!プリキュアアイテムその3は、折り紙でプリハート。お友だちの分も作った。
その1 ツインラブギター
その2 メロディーソード

2018-10-15

「monthlyにこ肌だより」11月号ができました

nicoのスキンケアをご購入の方にお届けしている「monthlyにこ肌だより」の11月号ができました。いよいよ冬が近づいてきます。冬にアトピーが悪化する方も多いと思いますが、その理由は「乾燥」だけではなく、寒さによる代謝の低下や、汗をかかないことによる皮脂膜の不足など、いくつかあります。今回の特集は、冬にアトピーが悪化するメカニズムとスキンケアについてです。

* * *
「nico」はアトピーや敏感肌など、肌に心配ごとのある子どもたちとそのご家族のためのスキンケアブランドです。
商品のご紹介はこちらをご覧ください。
ご注文はこちらから承っております。

2018-10-14

米寿のお祝い

祖母の米寿のお祝いで、久しぶりに親戚が集まった。祖母は私の名前を呼ぶことはなかったが、私を見る表情は穏やかだった。そして長女の名前を一度だけ呼んでくれた。
お祝いの時間はあっという間に終わってしまった。祖母に長生きしてほしい。でも同時に、今、共にいることができる時間を大切にしたい。ここに来るまでのそれぞれの道のりはとても長かったかもしれないけど、今日は祖母の笑顔と皆の笑顔で、私は幸せな気持ちになった。

2018-10-11

秋がきた

ようやく秋らしい気候になってきた。秋が来ると食欲が高まる。毎年抗えない。今日は長女が幼稚園の芋掘り遠足で掘ってきたさつまいもで焼きいもを作った。これは小さい方で、とてもとても大きいのが一株残っている。
先日義妹が送ってくれた和歌山のみかんと柿もおいしかった。最近スーパーではブリがまるごと捌かれた姿で売られていて、次女の目線に頭があるのでいつも驚いている。脂がのっていておいしい。

ぬいぐるみがふたつ?秋が来ると猫のもふもふが恋しくなる。

2018-10-09

東京ディズニーランド

念願の東京ディズニーランドへ。開園とともに入場。

まず向かったのは「It's a small world」。開園直後だったので待ち時間なし。リニューアルでディズニーキャラクターが増えており、娘たちが大好きな「アナと雪の女王」のエルサ、アナ、オラフもいた。ちいさな世界は、変わらず美しい世界だった。

ディズニー好きの友人にいただいた衣装を娘たちに着せてきた。4歳の長女はアリス。ディズニーランドで着るのを楽しみにしていた。2歳の次女は白雪姫。着せられている感が否めないけどかわいい。

ハロウィンの「スプーキー"Boo!"パレード」。ミニーのスリラーっぽいダンスがかっこよかった。

「不思議の国のアリス」の「クイーン・オブ・ハートのバンケットレストラン」でランチ。ハートがいっぱい。ケーキもハート。
ランチの後は、大人気の「プーさんのハニーハント」にファストパスで乗った。「白雪姫と七人のこびと」は次女は喜び、長女は怖がった。「ジャングルクルーズ」は船長さんのダジャレ炸裂で楽しかった。

夕ご飯を食べていると、花火のような音が。レストランの外に出ると、シンデレラ城でプロジェクションマッピングが行われていた。35周年を記念した「Celebrate! Tokyo Disneyland」。光と音と水と炎が織りなすショーの迫力と美しさに圧倒されて涙が出た。

最後はエレクトリカルパレード。私も幼稚園くらいのときに連れて来てもらって見た懐かしいパレード。娘たちはやっぱり「アナ雪」で喜ぶ。買ってもらった七色に光るエルサのスティックを振りながら鑑賞。
パレードの後、娘たちをベビーカーとおんぶで眠らせ、帰る途中で、シンデレラ城の花火も観ることができた。朝から夜まで遊んだ。夢の国で家族と過ごす、幸せな1日だった。

2018-10-08

ピクニックとかぼちゃ

秋の三連休その3。まだ暑かったけど、池のそばでピクニック。変身バイクとストライダー、バトミントン、ボール遊び、虫捕り、どんぐりとオナモミ拾い、シャボン玉。

IKEAもハロウィン色。たくさん売られていたかぼちゃを思わず買ってしまった。

2018-10-06

うんどう会

どの種目も笑顔いっぱいの長女。2/3くらいひとりでかけっこができた次女。真剣にダンスを踊っていた仲良しの年長さん。
上手くできても、できなくても、応援の声や拍手が起こる。園長先生が開会の挨拶で、「一生懸命に取り組みましょう」「一生懸命に取り組む仲間を応援しましょう」と園児たちに話していた。大人になってから、「上手くやる」ことばかり気にして、「一生懸命にやる」ことの素晴らしさを忘れていたかもしれない。未来に向かって一生懸命に走る子どもたちに声援を送ったら、私の心も温かくなった。

2018-10-05

メロディーソード

先日の工作パーティーで私も工作意欲を刺激され、HUGっと!プリキュアのアイテム、メロディーソードを工作。材料はサランラップの芯やガチャガチャのケースなど。

2018-10-03

工作パーティー

長女の友人の工作男子と、素材を持ち寄って工作パーティー。工作よりも素材集めを楽しんだ感じだったけど、テーマを「ハロウィン」にして、オバケなどを作った。

かぼちゃとレーズンのカップケーキも一緒に作った。工作男子はお菓子作りもするらしく、タマゴを割ったり材料を混ざたりするのが上手だった。ほとんど子どもたちが作ったカップケーキでおやつタイム。
夜、長女は彼に影響されてタマゴを割れるようになりたいと言い、練習。3つ目で殻が粉々になることなく上手に割ることができた。割ったタマゴ3つを次女が混ぜ、長女がフライパンに流して玉子焼きを作った。次女もおままごとのタマゴで「パカッ」とやっていた。友だちに刺激を受けるのはおもしろい。

2018-10-02

ハナミズキ

仕事も育児も嬉しいことがあったかと思えばりしんどいことがあり、また似たようなことで過ち、反省し、気持ちがアップダウン。強烈な台風で体調もアップダウン。
今日の夕方は仕切り直して、家事を放り出して子どもたちと公園へ。台風で木が倒れていたり枝や葉っぱがたくさん落ちていてカオスな中、真っ赤なハナミズキの実をみんな拾う。長女が枝の皮を見つけてきてお皿にしてその中に集めた。葉っぱも載せたら、なんだかクリスマスっぽい色どりの秋の一皿になった。

2018-10-01

nicoせっけんの「トリセツ」を作りました

nicoせっけんの「トリセツ」を作りました。nicoせっけんのような固形せっけんで優しく洗うポイントは「泡立てネットで泡を作る」「手のひらで洗う」「ぬるま湯で流す」の3つ。シンプルなことですが、これを実行するだけでお肌への刺激がぐっと少なくなり、お肌のうるおいに必要な皮脂や細胞間物質が落ちにくくなります。

* * *
「nico」はアトピーや敏感肌など、肌に心配ごとのある子どもたちとそのご家族のためのスキンケアブランドです。
商品のご紹介はこちらをご覧ください。
ご注文はこちらから承っております。

2018-09-24

マルシェ、BBQ、ランチオフ

秋の三連休その2。友人が参加しているマルシェイベントへ。秋の新作がいっぱい。自分と娘たち用にヘアゴムを3つ購入した。

幼稚園のバーベキュー会。夏に逆戻りの暑さ。虫捕りや魚釣りをしたり、エアークッションで遊んだり、子どもたちは終始とても楽しそうだった。遊具やおもちゃがなくても、子どもたちは自然の中でどんどん遊びを見つけて楽しむ。私も子どもたちとたくさん走った。楽しい1日だった。

関西時代の友人が結婚し、報告をしに神戸から来てくれた。東京の友人も来て、久しぶりのランチオフ会。頻繁には会えないけど、末永く繋がっていたい大切な人たち。

2018-09-17

「monthlyにこ肌だより」10月号ができました

「nicoせっけん」「nicoオイル」ご購入の方にお届けしている「monthlyにこ肌だより」の10月号ができました。よくお問い合わせをいただく「石けんの使い方」について、開発担当の佐藤さんにあらためて解説してもらいました。

Lamb's Design Works更新しました→
nico's Diaryも更新しています→

2018-09-16

ペネロペ、プリキュア、ぶどう狩り

秋の三連休は近場で小さな楽しみをいくつか。ショッピングセンターで開催していた「ペネロペひろば」。迷路をしたり、絵本をん読んだり。

2度目のプリキュアショーは、「ハリー」と「ビシン」とのサイドストーリーのような展開がおもしろかった。ビシンは最近気になるキャラクター。プリキュアは敵も味方も魅力のあるキャラクターばかりで目が離せない。

ぶどう狩りは巨峰が旬だった。農家の方が丁寧に採りかたを教えてくれた。ずしりと重い、ぷりぷりの巨峰。長女が喜んで収穫した。大サービスの試食でお腹いっぱい、収穫した3房はそのまま冷蔵庫へ、これから毎日のお楽しみに。

2018-09-12

コメダ珈琲店

昔、1号店に行きたくて始発電車に乗って名古屋に行ったくらい好きだったコメダ珈琲店。近くにもいくつかお店ができたけど、身近になりすぎてしばらく行っていなかった。久しぶりに子どもたちとコメダへ。ミニソフトクリームが1つサービスだったり、絵本もたくさん置いてあったりして楽しめた。注文したアイスココアには巨大なソフトクリームがのっていて、シロノワールは頼まなかったけどお腹いっぱい。

2018-09-11

大雨の翌朝、道端に青・黄・赤の花が元気よく咲いていた。街路樹のドングリも実を落としはじめ、次女は喜んで拾っていた。

幼稚園の二学期がはじまった。次女の未就園児保育が本格的になってきたり、長女が幼稚園の後クラスのお友だちと公園に行きたがったり、ママ友とランチ会があったり、慌ただしいけど、親も子どもたちも楽しく過ごしている。
今日は長女の保護者会だった。園長先生の話の中に「人の人生は花と同じ」というのがあった。芽吹き、成長し花を咲かせ、枯れていく。子どもたちは芽吹いたばかりの若芽。その芽のひとつひとつに耳を傾けてくれる先生たちに感謝したい。私も、未来あふれる子どもたちとの時間を楽しんで過ごしたい。日々の中で忘れてしまいがちな大切なことを、保護者会ではいつも気づかせてくれる。
年長に向けての準備の話もあった。年少・年中と、楽しく遊び想像力を育む保育をしていただいているが、だんだん自立に向けての保育も入ってくる。子どもたちはこれから大人に向かっていくんだということを初めて実感した。子どもが成長していくこと。嬉しくも淋しくもある気分を少し味わった。

2018-09-09

森のレストランと小さな秋

森のレストランへ。前菜はリンゴのゼリー寄せと鶏レバー、お店の畑で作られた野菜を使ったサラダに、魚と野菜がいっぱいのプレート。どれもおいしかった。お店の外にある木のブランコは、高いほうに長女、低いほうに次女が乗って遊んだ。お店の裏手を少し散歩すると、栗が落ちていたり、無花果がなっていたり、秋を見つけることができた。

食事の後、公園で水遊びをして義母の家へ。賑やかで楽しい時間だった。至らないことはいろいろあるけど、今を祝福できることに感謝して、自分にまっすぐにエールを送りたいと思った。

2018-09-07

ラピスラズリ

手づくりマルシェに出店している友人から購入したラピスラズリのネックレスが壊れてしまったので修理をお願いしたら、ラピスラズリのさざれ石をおまけにくれた。このネックレスに一目惚れしたのは、ジブリ映画「耳をすませば」が好きだから。バロンの名言。「いざ、お供つかまつらん。ラピスラズリの鉱脈を探す旅に。」

母が来たので、子どもたちとフルーツポンチを作った。容器は先日のすみだ水族館で手に入れた金魚鉢ボウル。

先日、私の不注意で幼稚園の知人や家族に迷惑をかけてしまった。でも幼稚園の人たちや家族のあたたかさで救われた。
「うまくやろう」と思いすぎて大切なものを見失ってしまいがちな所を改めなければならない。不器用で物事に慣れるのに時間がかかるけど、かまわない。他人を気にせずもっと自分を受け入れよう。大切なものを守ることができればそれで良い。

2018-09-06

relax

a chair in Omotesando.