2018-07-08

好きなものを心のままに

公園の小さな動物園へ。カタツムリやカナヘビなど、身近な虫や爬虫類のいるコーナーに夢中になる子どもたち。次女はリスのお食事をいつまでも見ていたり、カピバラを怖がったり、反応がおもしろかった。

長女がかみさまについていろいろ質問をしてくるようになった。なんでかみさまにお祈りをするの、かみさまはどんなかたちをしているの。久しぶりに教会に行った。変わらずあたたかく楽しい時間だった。守る者があるから、お祈りをする。

友人が参加しているハンドメイドイベントへ。長女はキャンドル作りのワークショップに参加。たくさん用意された飾りを好きなようにつけていく。たくさんあって私なら迷ってしまいそうだけど、長女はすぐにバラのパーツをたくさんつけはじめた。好きなものを心のままに。子どもの感性は刺激になる。

2018-07-01

小さなプール開き

あっという間に梅雨が明け、小さな庭に小さなビニールプールでプール開き。姉妹で楽しんだり、近所の子どもたちと一緒に楽しんだり。

2018-06-30

夏祭り

幼稚園の夏祭り。浴衣の子どもたち、子ども音頭にお神輿、段ボール迷路に魚つりゲーム、かき氷にわたあめ。お祭りの後はお友だちのお家で夜更かし。子どもたちと一緒の、賑やかな夏が今年もはじまる。

2018-06-27

テラリウム

楽しみにしていた幼稚園のバザーのグループ制作、テラリウム作り。いざやりはじめるとアイディアが浮かばず、ありきたりなものになってしまった気もするけど、楽しくできた。動物とフェイクグリーンと枝と砂、シンプルな組み合わせだけど、作る人によって違う雰囲気の作品になっておもしろい。

2018-06-24

お台場の海

お台場海浜公園へ。デックス東京ビーチでランチを食べて、午後はずっと海。小さな海岸だけど、波は穏やかで、カニや小魚もいて、小さい子どもたちはじゅうぶん楽しめる。

2018-06-21

おめでとうのフォー

通院。久しぶりに良い検査結果だったので、自分におめでとうの、フォー。ドンマイの結果のときも、フォーだけど。フォーが好き。

2018-06-19

「monthlyにこ肌だより」7月号ができました

「nicoせっけん」「nicoオイル」ご購入の方にお届けしている「monthlyにこ肌だより」の7月号ができました。今回のテーマは本誌レシピでおなじみの管理栄養士・梅田やすこさんに教わる「体に優しい調味料の選び方」です。同じ調味料でも添加物の有無や栄養素がまったく違うこと、初めて知りました。調味料は何気なく選んでいたので、次に買うときは原材料をチェックしようと思います。

* * *
「nico」はアトピーや敏感肌など、肌に心配ごとのある子どもたちとそのご家族のためのスキンケアブランドです。
商品のご紹介はこちらをご覧ください。
ご注文はこちらから承っております。

2018-06-18

キュアマシェリ・キュアアムール

子どもたちが大好きなHUGっと!プリキュアに私もハマってしまった。
今回はずっとプリキュアになりたいと願っていたえみるとルールーがついにプリキュアになった。中学生・高校生しかなれないはずのプリキュアに、小学生と敵のアンドロイドの「愛」の力が奇跡を起こし、変身した。愛のあふれるその変身シーンに涙が止まらなかった。
保育園騒音問題、ブラック企業、ジェンダー問題など、さまざまな社会問題をさらりと入れてくるプリキュア。押しつけがましさはなく、爽やかにストーリーにし、そしてハッピーエンドになる。
「なんでもできる!なんでもなれる!」というプリキュアのテーマ。奇跡や愛の力を、あらためて信じたくなる。

2018-06-17

公園で探検

「たんけんがしたい」という長女のリクエストで、週末は行ったことのない公園に行くことに。1日目の公園は思いがけず紫陽花が素晴らしかった。タコさんウィンナーが落ちてる、と思ったら、ザクロのガクの部分らしい。

次女が追いかけていた黒猫。黒猫をめぐる冒険。

2日目は新宿御苑。バラとコクーンタワーを一緒に撮ってみたかった。

森のように木々が生い茂る場所があるかと思えば、突然大きなビルが現れる。不思議な大都会の中の探検。

子どもたちが喜んだのが、新宿御苑のシンボル、樹齢120年以上の大きなゆりの木。樹の根元でかくれんぼをしたり、根っこのくぼみでおままごとをしたり。
苑内のレストランは鹿肉のジビエ料理があって、これがとてもおいしかった。とても楽しい公園探検の2日間だった。

2018-06-13

レモンパイ

久しぶりに次女とカフェタイム。友人に教わった「レモンパイ」が衝撃のおいしさでリピートしている。生レモンをかじるほどすっぱい食べ物が好きな次女も大好き。
今日は次女の体験入園の日だった。教室で遊んで、大ホールでリトミックをして、最後に教室でイスに座ってみたけど、みんなわちゃわちゃ動き回っていて、やっぱりまだ2歳児。次女の入園が近づいているというのは不思議な気持ち。姉妹2人で登園する日が楽しみだ。